ごあいさつ

先代が昭和36年に開院して以来、当院では乳児からお年寄りまで可能な限り、専門の科を限定せず診療しております。

掛かりつけ医としてまずは何でも相談できる最初の窓口となることが地域における役割と考えております。

院長 木田 隆士

江戸川区一之江の内科・小児科・外科 - 木田医院[予防接種/インフルエンザ/hib・健康診断・AGA治療/プロペシア・ED治療/バイアグラ]
江戸川区一之江の内科・小児科・外科 - 木田医院[予防接種/インフルエンザ/hib・健康診断・AGA治療/プロペシア・ED治療/バイアグラ]

江戸川区一之江の内科・小児科・外科 - 木田医院[予防接種/インフルエンザ/hib・健康診断・AGA治療/プロペシア・ED治療/バイアグラ]

予防接種について

予防接種とは、ワクチン(病原体や毒素の力を弱めて作った薬液)を接種することで、あらかじめ病気に対する抵抗力を上げて発病を防いだり、症状を軽くしたりする方法のことです。予防接種をした人が多いほど、感染症の流行を抑えることができるので、社会全体の感染症予防にも役立ちます。自分自身や家族の健康を守るため、他の人にうつさないためにも、予防接種をよく理解して受けましょう。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスは毎年のように変異しながら流行を繰り返すため、ワクチン接種は、原則として毎年必要です。接種は流行前(12月中旬まで)に受けておくことが有効です。また、インフルエンザワクチンは製造過程において鶏卵を使用するため、卵アレルギーの明らかな方では注意が必要です。医師とよく相談してください。
接種回数は1才から12才迄が約4週間隔で2回、13才以上が1回です。

江戸川区一之江の内科・小児科・外科 - 木田医院
Hibワクチン

HibワクチンのHibはヘモフィルスインフルエンザ菌b型(以下Hib)という細菌の略式名です。人の喉の奥に常在する細菌ですが時に喉頭蓋炎・肺炎・敗血症などの重篤な感染症を引き起こす原因にもなります。中でも髄膜(脳や脊髄を包む膜)に感染する細菌性髄膜炎の原因としてHibは頻度が高く、生後3ヶ月から5才位までの子供達を脅かします。接種回数は開始年令が生後2ヶ月から7ヶ月未満の場合4〜8週間隔で3回行い、更に1年後に1回追加します。(計4回)生後7ヶ月以上1才未満の場合は、はじめの3回が2回となり1才以上では1回だけで追加はありません。

江戸川区一之江の内科・小児科・外科 - 木田医院
江戸川区一之江の内科・小児科・外科 - 木田医院[予防接種/インフルエンザ/hib・健康診断・AGA治療/プロペシア・ED治療/バイアグラ]

江戸川区一之江の内科・小児科・外科 - 木田医院[予防接種/インフルエンザ/hib・健康診断・AGA治療/プロペシア・ED治療/バイアグラ]

健康診断について

健康の維持増進に役立つ他、特に生活習慣に起因する疾患(生活習慣病)である高血圧、脂質異常症、糖尿病などの早期発見においてとても重要な役割を持ちます。早期に治療を開始することが今後の健康に及ぼす影響を少なくできるからです。
それぞれの人がおかれた環境や年令、性別に応じた健康診断とアドバイスを行っております。

江戸川区一之江の内科・小児科・外科 - 木田医院[予防接種/インフルエンザ/hib・健康診断・AGA治療/プロペシア・ED治療/バイアグラ]

江戸川区一之江の内科・小児科・外科 - 木田医院[予防接種/インフルエンザ/hib・健康診断・AGA治療/プロペシア・ED治療/バイアグラ]

禁煙外来について

喫煙による健康被害が明らかとなり、わが国においても公共の場や、職場での禁煙や分煙が要求されてきています。
煙草のマイナス面をよく理解し、禁断症状を和らげるお薬を使うことにより成功率は上昇します。
禁煙が成功、継続できるように当院も応援させていただきます。

江戸川区一之江の内科・小児科・外科 - 木田医院[予防接種/インフルエンザ/hib・健康診断・AGA治療/プロペシア・ED治療/バイアグラ]

江戸川区一之江の内科・小児科・外科 - 木田医院[予防接種/インフルエンザ/hib・健康診断・AGA治療/プロペシア・ED治療/バイアグラ]

AGA治療・ED治療について

男性型脱毛症は、成人男性に多く見られる、頭頂部や髪の生え際が薄くなる状態を言います。思春期以降の男性に発症し、徐々に進行する脱毛症です。一般的には、遺伝と男性ホルモンが影響すると考えられています。

EDは、勃起障害あるいは勃起不全の事で、現在、40〜70歳の男性の半数以上が何らかの原因でEDになっていると考えられています。当院ではEDという男性なら多くの人に起こり得る障害を治療しております。

AGA治療薬...プロペシア

2005年に男性型脱毛症(AGA)用薬として、登場した医薬品で、ホルモンの働きを抑制することで抜け毛を防止効果が注目を集めております。男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンが強く影響しているとされており、ホルモン活性を阻害することで抜け毛を防ぎ発毛効果につなげます。飲む発毛剤として、米国食品医薬品局(FDA)でも認可されていますが医療用医薬品ですので、購入に際しては医師の診断・処方箋が必要です。

江戸川区一之江の内科・小児科・外科 - 木田医院
ED治療薬...バイアグラ

バイアグラは米国で開発されて1998年5月に発売され、現在、世界110ヶ国以上で販売されているED治療薬です。日本でも1999年3月より発売となり、6年間で120万人以上の方が使用されている「世界で証明された安全性」のある、優れた治療薬です。

江戸川区一之江の内科・小児科・外科 - 木田医院
江戸川区一之江の内科・小児科・外科 - 木田医院
Powered By 江戸川区時間江東区時間墨田区時間葛飾区時間江戸川区ドクターズ